腰痛持ちの鞄選びの基準

皆さん、普段使う鞄選びの基準はありますか?
私の選ぶ基準は、両手が自由になる事と、身体にピッタリ密着して、鞄自体が軽いという事。

26才の時に、椎間板ヘルニアになって以来、重い荷物を手に持つ事ができなくなってしまいました。 物を手に持つ事は、健康な生活を送っているとわかりにくいのですが、腰にとても負担がかかる事なのです。
多分、腰痛を患った事がある方は分かると思のですが、1番苦労するのが歯磨き、洗顔、食事。
手を身体の前に出す、手を上げる、たったそれだけの事がとてつもなく困難になってしまうのです。
日常生活からの腰痛予防の第一歩として、まず始められる事は、重い物を手で持たない。
ではどうやって持ち上げるのか?
赤ちゃんを抱きしめるように、胸に引き寄せ、立ち上がるように持ち上げるのが1番腰への負担が軽いのだそうです。
そんな腰痛持ちにとって、自分の身体と、趣味に合う鞄を探すのはとても根気のいる作業です。
色々使ってみて、やはりザックやショルダーバッグなどが、身体にピッタリと密着していて、両手で持たないので、腰への負担が1番低いように感じます。
トートバッグは次点。肩にかけられる物だったら大丈夫そうです。
色々使ってみた中で、1番のオススメは登山グッズのメーカー。
素材自体が軽量で、荷物をいかに大量に、身体に負担なく持てるようにするか、という事を考えて作られているので、どれを選んでも安心です。
私自身はニュアンスある色使いが好きで、AIGLEの軽量素材の斜めがけ鞄を愛用しています。
色はライトグリーン。
最近この鞄ばかり使って通勤していて、さすがに汚れてきたので、久々に斜めがけ鞄を購入しました。
_2071865.JPG
アフタヌーンティー・リビングにて2,940円(税込)。
もちろん合皮です。
本革のショルダーバッグも持っているのですが、本革は鞄単体でかなり重い!
腰の調子の良い時しか使えないのです。
その点、合皮であれば軽いので心配なし。
現在腰痛がかなり悪化しているので、調子が回復するまでしばらくこれらの斜めがけ鞄やザックで乗り切りたいと思います。
皆様も、腰をお大事に!腰は要です。
_2071875.JPG
↑サイズ比較のために雑誌を入れてみようと思ったらギリギリ入らなかった…。頑張れば入ると思われる。

この記事と近い記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 雑貨 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.