料理をおいしくする器、小石原焼を手に入れた

先日お邪魔した福岡で、piranoさんに連れて行っていただいたon’s(オンズ)。
福岡の大名にあるon’s(オンズ)は小石原焼の4人の作家さんたちが作品を出しているショップです。
小石原焼は、最近の小石原ポタリーの活動も有名な、最近とても人気の出ている陶器です。
その技法は、大分にある小鹿田焼の技法にとても似ています。地域としても近いので古くから交流があったのかもしれませんね。
小石原焼、小鹿田焼、そのどちらにも通じるのが生活の為の器というコンセプト。
お料理を引き立てる脇役として徹するデザインがとても大好きです。
_1161821.jpg
そんな2つの陶器の里を繋ぐような展覧会のリーフレットをお店の方にいただきました。 茶色を基調とした渋い色合いのコースター型のリーフレットを6枚束ねたもの。
福岡県立美術館で行われていた「小石原焼と小鹿田焼いとおしいやきものたち」 。
終わってしまっていて残念。ぜひ行ってみたかった!
on’s(オンズ)さんの陶器の展示方法もとっても素敵だったのですが、陶器がどれも素晴らしくて欲しくなってしまうほど。
悩んだ末に選んだのがとびかんなの模様と、勾玉のような緑と茶色の模様が中央付近に描かれた中皿を購入しました。
piranoさんは同じデザインの大皿を購入。
大分と福岡で離れ離れだけれど、お揃いのデザインのお皿です。
お互い、おいしいものいっぱい作りましょう!
02.jpg
お皿の下に敷いているのは沖縄の紅型プリントの布。
お皿を購入すると、気に入ったデザインの布で包んでくれます。
01.jpg
お料理を盛りつけるのがとても楽しみです!

この記事と近い記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 食器 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.