MacBook Pro Retinaに買い替えました

DSCF2996
MacBook Airを購入して3年経ち、デザイン制作時にパワーが足りない場面が増えてきました。
消費税が増税されるタイミングもあり、悩んだ末、思い切って買い替えました。
DSCF2999
Airの軽さはとても魅力的だったのですが、今回購入したのはMacBook Pro Retinaの13インチ。
DSCF3028
メモリを16GB、CPUを2.8GHzのCore i7へ、SSDは512GB、キーボードはUSへ今回もカスタマイズしました。
USB 3.0、Bluetooth 4.0になり、CPUもパワーアップ、メモリも3倍以上になり、Airより速くてサクサクで快適!
DSCF2958
注文したのは3月24日。
CTOの関係で時間がかかり、中国から発送されたのが27日、そこから手元に届いたのは3月29日。
増税による駆け込み需要で運送は大混雑の状況のようでしたが、ヤマトさん、がんばって届けてくれました。
DSCF2982
MagSafe2になったせいか、それともProだからか、電源アダプタが太く大きくなりました。
DSCF3002
Airが11インチ、Proが13インチとサイズアップしているので重さもそれなりに少しだけ重くなりました。
Airに慣れてしまっている身としては、この重さは持ち歩けないと思います。
DSCF3008
Retinaからは光学ディスクのドライブがなくなったので想像以上に薄くなっていましたが、やはりAirには敵わず。
購入して2週間たってようやくこのブログを書いているのは、iTunesの移行がうまくいかなかったため。
ライブラリー内の一部の音楽データが消えてしまい、画像に差し替わってしまうという謎現象が発生してしまい、対応に四苦八苦。
結局、手動で移行し、ようやく落ち着いた所です。
原因はiTunesのライブラリデータをNASに入れていたため。
LAN接続でのiTunes同期は以前から不具合が出るのは言われていたのですが、Airを使っている間はまったく起こらず、今回の移行で初めて発生しました。
そのうち時間を見てMacBook Proのローカルにデータを移したいのですが、なにせ145GBを越えているため、外付けのUSBのHDDにした方が良いかもと考えたり…。
とりあえずAdobeのCCやフォント、ChromeやFirefox、付随するプラグインや愛用しているアプリケーション類のインストールが終わったので一息ついた所なので、後々データの整理も兼ねて移行します。
DSCF3036
Retinaですが、噂通り美しいです。
Retina対応しているサイトはまだまだ少ないので正直ネットを見ているとガッカリというか落ち込む事が多いですが、今後この部分もデザイナーとして対応を考えていかないといけないんだな、と、気が引き締まる思い。
そして、Retinaは美しすぎて、かなり目が疲労するというのも実感中です。
私の乱視の右目にはキツいようで、半日も使うと疲れて目が霞み始めます。
せっかくのRetinaですが、アンチグレアフィルムを貼って、反射や光を抑えています。
高い買い物だったので元を取るために精進します。

この記事と近い記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: Apple, Mac タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.